ストーリーStory

牟尼庵 MUNIAN
牟尼庵 MUNIAN 牟尼庵 MUNIAN
牟尼庵 MUNIAN
牟尼庵 MUNIAN
京都カカオ亭 cacaotei
京都カカオ亭 cacaotei
京都カカオ亭 cacaotei 京都カカオ亭 cacaotei
京都カカオ亭 cacaotei

ストーリーStory

「牟尼」寂黙の聖者。

修行僧のように黙々と、多くを語らず淡々と。

味わったことのないチョコレートとの出会い、その衝撃から始まったトリュフとの格闘

牟尼庵のシェフショコラティエがフランス人から伝えられたショコラトリュフのレシピ、それは他のどんなトリュフのレシピとも違う、繊細かつ画期的なものでした。

牟尼庵の工房では、365日トリュフづくりに最適な環境を整えるために、極寒のなかでの作業が続きます。
寒さのなかひたすらトリュフづくりに励む姿は、さながら修行僧のよう。

このトリュフのために選んだクーベルチュールチョコレートと、こだわりのクリームを合わせるには、細心の注意をはらって温度帯を揃え、丁寧に空気を含ませながら一気に仕上げることが必要です。
さらに凍らせて眠らせることで、目覚めたトリュフは独特の風味と食感に仕上がるのです。

楽しく、美味しく、新しい。

試行錯誤の中でたどり着いた『和』テイストのショコラ菓子。

歴史の厚みと重さに囲まれた京都にて、魅力的で個性的なショコラ商品の開発を使命と思い突き進んで参りました。

そんな試行錯誤の中でやっとたどり着いた小さな希望が、楽しく美味しく新しい『和』テイストのショコラ菓子を作りたいという思いでした。

『和菓子』の技術や歴史は余りにも高いハードルがありますが、洋菓子で重きを置く風味を和菓子に加えるという発想から、カカオニブ(カカオを砕きチップ状にしたもの)と和菓子素材との組み合わせに特化した新ブランド『京都カカオ亭』の商品を販売することとなりました。

まだ生まれたばかりではありますが、洋菓子には無い楚々とした装丁や、簡素で気持ちの良いパッケージ、上質な素材を生かしたシンプルな味わいなど、『京都ショコラ菓房 牟尼庵』とは一線を画したブランド展開にてしっかりと育てて行きたいと思っております。

温かな眼差しと寛容なお心にて、まずはお味見頂ければ幸いです。